医療法人社団大伸会 ふたば歯科医院

スポーツ歯科

スポーツ歯科について

スポーツ歯科とは

スポーツ愛好者・選手が、スポーツによる外傷で歯を失ったり、口内に傷を負うケースは少なくありません。 スポーツ歯科とは、歯科医学の立場から、スポーツ愛好者・選手の皆さまをサポートしていくというものです。 当医院では、歯やアゴなどの怪我を防止するために、お一人お一人の歯に合わせて、ゴム製のマウスピースを作成しております。上あごに装着したマウスピースは、衝撃を吸収する役割があるため、安全にスポーツを楽しんで頂くことができます。

マウスガード(マウスピース)とは?

スポーツに起因する外傷や障害は、スポーツ本来の目的である「健康の維持・増進」や「体力の向上」に反するものであり、その予防対策は非常に重要です。顎口腔領域への外傷による後遺症は、肉体的・精神的なダメージとして残り、特に頭頸部への衝撃により発生する脳震盪を含めた脳神経細胞障害などは選手生命にもかかわることになりかねません。さらに、受傷以降のスポーツに対する姿勢、スポーツパフォーマンス、そして栄養接種などに影響を及ぼすことが明らかになっています。どんなスポーツでも安全であってこそはじめて「健康スポーツ」です。顎口腔領域をスポーツ外傷から予防するためには、マウスガードという口腔内保護装置の使用が推奨されることになります。

マウスピースの役割

マウスガードの目的には、スポーツ外傷から顎口腔領域を保護することにあります。具体的には下記などがございます。さらに装着することによって、安心感の増大という大きな効果があり、アグレッシブなプレーに結びつきます。

  1. 脳震盪から身を守る
  2. 顎関節の保護
  3. 下顎骨骨折の予防
  4. 顔面・口腔粘膜の保護
  5. 歯を外傷から守る

マウスピースの種類

一口にマウスピースと言っても形成タイプが何種類かあります。

  1. ストックタイプ
    選手自身がスポーツ用品店などで購入し、無調整で使用するタイプ。
  2. マウスフォームドタイプ
    同じく市販品で選手自身が使用説明書を見ながら形成するタイプ。
  3. カスタムメイドタイプ
    歯科医師によって作られるタイプ。
ストックタイプ・マウスフォームドタイプは入手が容易でかつ安価なため、使用頻度は高い。しかし、選手自身が調整するため使用感が悪く、外傷予防効果が期待できません。さらに、顎関節症の発症要因になるともいわれています。

カスタムメイドタイプは適合性に優れるため、他のタイプに比べ違和感が少なく、安全性の面からも選手の期待に答えることができます。また、歯科医師が調整するので正しいアゴの位置や噛み合わせが得られます。
マウスガードの目的には、スポーツ外傷から顎口腔領域を保護することにあります。具体的には下記などがございます。さらに装着することによって、安心感の増大という大きな効果があり、アグレッシブなプレーに結びつきます。

お気軽にお問い合わせください TEL 048-971-4182 診療時間:平日9:30-21:00:休日10:00-18:00

過去のブログ(年間)

医療法人社団大伸会の姉妹医院である三国歯科医院がTV番組「ビジネスフラッシュ」で紹介されました。ぜひご覧ください。
医療法人社団大伸会の姉妹医院である三国歯科医院がTV番組「ホリプレゼンツ、求人任三郎が行く!」で紹介されました。ぜひご覧ください。
PAGETOP
Copyright @ 医療法人社団大伸会 ふたば歯科医院 All Rights Reserved.